我が家の庭ツアー

リューカデンドロン レッドデビルを地植えで1年育てた!夏越し・冬越しのポイントをご紹介!

赤い苞葉が美しいリュカデンドロン レッドデビル 暖地では地植えで栽培可能と購入先で聞いたので、わが家では庭に地植えして育ててみました。 育て方を調べると霜には弱いとありましたが、あることをすることで夏越し・冬越しを無事に…

低木

リューカデンドロンの特徴や育て方のコツ!枯らさないポイントも!

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 広角プライムは、フルフレームのSony Eマウントミラーレスカメラ用に設計されていますが、しかし、それに36mm相当の焦点距離を提供するAPS-Cモデルにも使用できます。
  • ユニークなマクロレンズデザインは、生涯にわたるサイズ 2 : 1 の最大倍率と、最小焦点距離1.5フィート、動作距離はわずか0.8インチです。
  • 長い管状レンズバレルは目視の視界を明確に作り出し、短い作業距離、レンズのバレルはカメラを快適な撮影距離で撮影できます。
  • 広角 24mm 焦点距離は、従来の望遠マクロデザインよりも深度が高く、周囲の細部が細部までこだわり、浅い被写界深度を分離します。
  • 光学設計には、より鮮明さと色精度を生み出すために、カラーフリンジやクロマチックな乱雑を制御する2つの超低分散要素が含まれています。 さらなる屈折率も備えているので、球状の収差や歪みを減らし、シャープさと精度が向上します。

商品の説明

Eマウントレンズ/フルフレームフォーマット。
絞り範囲: f/14からf/40。
2つの非常に低い分散要素。
予備の屈折率エレメント1つ。

Venus Opticsがお届けする、「奇妙な、しかし本物」というSony EマウントLaowa 24mm f/14 Probeは、クローズアップ撮影用に設計された真にユニークなレンズです。 長く、細身のレンズバレルによって変化し、このマクロレンズは、最小焦点距離1.5フィートで最大倍率2:1 、最小距離は0.8インチで作動します。 近い動作距離でもレンズの長さは 1.3 フィートで、近くの被写体の近くで撮影するのに快適な距離を置きます。 また、広角レンズとして、より広い視野の深度は従来の望遠マクロレンズと比べてお手頃な価格です。 背景の細部を減少することでより細部までこだわります。

光学的なデザインには、超低分散と追加の屈折率 (屈折率) が含まれており、色精度が高い鮮明度、シャープさの高精度で色精度を抑制するのに役立ちます。 マニュアルフォーカスコントロールは、無限に焦点を当てた1.5フィートから無限遠隔で焦点を合わせ、レンズの前面には内蔵の LED リングライトが備わっています。 レンズバレルの前面のスリム 0.2インチの直径は、フロントからの照明主題の機会にも優れています。 さらに、レンズの前面部分は防水性で、水面やほこりや環境の表面の下で実行する対象物です。

スリム 0.8インチのフロント直径で、ユニークな「スライドイン」ショットを可能にし、近接したり、目立つシューティングの機会を低価格で提供します。 小さめのフロント直径は、フロントからクローズアップ被写体を照らすのも簡単です。
レンズの前面は防水加工が施されており、水面やほこりの環境下でも快適に作業できます。

リューカデンドロンを ご存知でしょうか? リューカデンドロンは近年ガーデナーの間で人気急上昇中の植物で、最近では苗も多く出回るようになってきました。わが家の庭でも現在3種類のリューカデンドロンを地植えで育てています。 ま…

ガーデニング

ベラボンとは?メリット・デメリットや植え方も紹介!土を使わないで観葉植物を育てられる救世主!

この記事では、土を使わないで室内で観葉植物を育てようと思った時の救世主「ベラボン」のメリットやデメリットや植え方についてご紹介します。 おうち時間が増えたことで、お庭だけでなく室内でも観葉植物やグリーンを楽しみたい。とい…

ガーデンDIY・ガーデングッズ

KINTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!

お庭だけでなく室内で観葉植物を育て、部屋でもグリーンを楽しみたいという方が増えています。私もその一人でしたが、室内犬を飼っているため置き場所が限られているので諦めていました。 そんな時にネットで見つけたのが「KINTO(…